「ケノン」脱毛器って危険じゃない?

脱毛器「ケノン」を実際に使った私の正直なレビューです。

脱毛器ケノンを使えばサロン並みのケアが自宅でできる?

f:id:chokoratsuki:20201028122010j:plain

 
サロンに通うことなく脱毛ケアができるケノンは、魅力的ですよね。
ただ、本当に効果があるのか?安全なのか?など、気になる点があると思います。
私もはじめは心配でした。
そこで、ケノンの購入前に私が知りたかったことをまとめてみました!

ケノンってそもそも何?その特徴と正しい使い方

まずは、ケノンの基礎知識から。
どういうしくみでどんなことができるのかなど、その特徴と使い方について説明します。

ケノンはサロンレベルのケアができる家庭用脱毛器

ケノンは、業務用脱毛器と同じ「キセノンフラッシュ」という光を採用した家庭用脱毛器。
黒い色素(メラニン)に反応して脱毛します。
男性の髭や、太いムダ毛が生えやすい脛などにも効果が期待できます。
 
「全身に使える!」「VIOも!」と言われていますが、メーカーが推奨しているのは顔の「鼻から下」、「Vラインまでです。
IOラインの使用にはお勧めしません。
 
カートリッジは交換式。
照射レベルは1~10まで設定できます。
メーカー希望小売価格は9万8000円(税込)ですが、公式ショップからの購入だと送料込みで6万9800円(税込)です。
 

超高性能脱毛器「ケノン」これは本物!

 

ケノンで永久脱毛できるの?

結論から言うと、ケノンで永久脱毛はできません。
 
永久脱毛ができるのは、皮膚科医のいる病院やクリニックで受ける医療脱毛のみ。
医療機関以外で、高出力の医療レーザー脱毛機を使用した脱毛を行う行為は、法律で禁止されています。
「永久脱毛」の言葉を使うのも認められていません。
 
永久脱毛の定義は、AEA(米国電気脱毛協会)やFDA(米国食品医薬品局。日本の厚生労働省にあたる)によって「最終脱毛から1か月後の毛の再生率が20%以下である状態」とされています。
つまり、永久脱毛をしたからといって「その後全く生えなくなる」わけではありません

IPLって何?

ケノンにはIPL(インテルス・パルス・ライト)脱毛という方法が採用されています。
IPL脱毛は、主に脱毛サロンで使われている光脱毛の1種です。
メラニン色素(黒い部分)に反応する光を照射することで脱毛を促します。

何回使えば効果が見えてくる?

サロン脱毛に何度も通う必要があるように、ケノンでも繰り返し使う必要があります。
だいたい何回くらい使えば変化がわかるようになるのか、気になるところですよね。
その前に、ケノンは何日おきに使えばいいのかを説明します。

ケノンを使用する頻度

一度照射したら、次の照射までにどのくらい間隔を開ければ良いのでしょうか?
公式ユーザーサポートサイトには、「1週間に1回程度」とあります。
照射後、数日で一部の毛が伸びてくるので、そのタイミングで2回目の照射をすると効率良いですが、肌への負担を考えると最低1週間は空けるのが良いそうです。

効果が実感できるのはいつ?

 効果が感じられるまでに必要な照射の回数は、かなり個人差があります
ムダ毛の太さや質、色、毛周期などが異なるからです。
最低でも4~5回の照射が必要だと言われています。

初めてのケノン!最初の使い方

ケノンについてざっと理解できたところで、具体的な使い方についてみてみましょう。
注意点もいくつかありますが、だいたいの流れを頭に入れておくとスムーズに施術できます。

使い方の手順

①ムダ毛を約1mm程度の長さを残して剃る
②ムダ毛処理用カートリッジを装着する
③電源を入れる
④照射レベルを選択する
⑤脱毛したい部分を保冷材で10秒ほど冷やす
⑥脱毛したい部分に照射口を押し当てる
⑦ボタンを押して照射する
⑧脱毛した部分を再び保冷材で10秒ほど冷やす
⑨⑤~⑧を繰り返す
 

超高性能脱毛器「ケノン」これは本物!

最初は照射レベル1の強さで

ケノンの照射レベルには1~10までありますが、最初は肌トラブルを避けるためレベル1に設定しましょう。

毛の長さはどのくらいがいい?

施術の前に毛を剃るときには、約1mm程度の長さを残すようにします。
毛を抜いてしまうと黒い部分が残らないのでNG。
反対に、毛が長すぎると火傷の原因になるので危険です。

手入れ・掃除のしかた

ケノンのカートリッジは、皮脂汚れや処理した毛、埃などで汚れやすく、そのまま放っておくと脱毛効果にも影響してきます。
できれば、使用するたびに掃除するのが理想的です。
 
掃除のためには、無水アルコール、柔らかい布(あるいはティッシュ)、綿棒を用意します。
アルコールを含んだ除菌用のウェットティッシュでもOK です。
 
故障や感電防止のために、必ず電源を切ってから始めます。
カートリッジを取り外したら、無水アルコールを含ませた布またはティッシュ、綿棒で照射面を拭きましょう。
このとき、照射面の破損防止のため、力を入れずに優しく扱うことが大切です。
プラスチック部分も拭いたら、よく乾かしてから保管します。
 

ケノンの購入は公式サイトからがおすすめ

いざケノンを購入しようとしたとき、「どこで買うとお得か」「どこで買うのが安全か」と考えますよね。
これはもう、ケノン公式サイトをおすすめします。
 
私もそうしました。
だって、安いからといって怪しいサイトで買って失敗したら怖いし…、結局はお金も損してしまいますもんね。
 
ところが、「公式サイト」らしきものが複数あるし、ケノンを販売している会社は「エムロック」?「アローエイト」?どっち??と混乱してしまいました。
 
これまた結論から先に言うと、「エムロック」が大元の会社で、「アローエイト」はその子会社です。
それぞれの会社が別々に公式サイトや公式ショップを持っているので、「公式」だらけになってしまったんですね。
 
 「公式」ではいずれも6万9800円
付属品などの特典に多少違いがあるようです。
Amazon楽天でも購入できますが、正規店と非正規店、新品と中古品が混在しているので、間違って買わないように注意が必要です。
 
非正規店で購入したケノンはサポートの対象外ですし、正規店でカートリッジを追加購入することができません。
また、非正規店では偽物不良品を販売している恐れもあります。
中古品だと衛生面でも不安です。
カートリッジの追加購入や修理依頼もできません。
フリマアプリやネットオークションでは安く販売されているので魅力的に感じますが、アフターサービスの対象外なので手を出さない方が良いです。
 
…ということで、やはり公式サイトでの購入が安心で確実です。
 
👇公式サイトはこちら。

超高性能脱毛器「ケノン」これは本物!

ケノン体験記①

f:id:chokoratsuki:20201120123825j:plain

まずテスト

いよいよケノンが我が家に届きました。
 
怖がりで心配性の私は、普段ならあまり読まない説明書をよく読みました。
始める前にテストするのか。
そうよね、それだと安心だ。
 
足首辺りで試してみることにしました。
まず保冷剤で20秒冷やして、レベル1で照射するんだね。
サングラスして顔をそむけて、ピカッ。
…なーんともありません。
 
照射した後は、また冷やします。
次の日もなんともありませんでした。
よし、いける!
 

本番1回目

私は体の中で脚、それも膝から下が特に気になるので、ここだけ施術してみます。
 
お風呂上がりに脚にはなにも塗らず、よし、いくよ~。
10秒冷やしてピカッ。
保冷剤をずらしながら当てていきます。
 
…このくらいの間隔でいいのかなあ?
いまいち不安。
脚にペンで照射範囲の線を引きたくなる…。
 
はい、終了。
保冷剤で手が冷え冷え。
冬は手袋でもしたほうがよさそう。
 
恐る恐るの1回目でしたが、刺激は全くありませんでした。
 

2回目

1週間後に2回目をしました。
今度はレベル2です。
今回もなんともありません。
さあ、どうなるか楽しみ。
 

3回目

さらに1週間後、レベル3で。
まだ全然なんともないな~。
 

4回目

1週間後、レベル4で。
まだ刺激を感じません。
 
ムダ毛はまだ生えてきますが、まばらなのと、生えても前より目立たない気がします。
1本1本が軟弱になったからかな?
豆乳ローションを使っていたときが、こんな感じでした。
 

5回目

今回は1週間後にはできず、10日間後になりました。
レベル5で。
 
まだ刺激を感じない私は鈍いのかしら?(;^ω^)
しっかり冷やしているからかな。
 
まだ生えるけど、中途半端に生えたムダ毛があまり目立ちません。
 
レベル5にすると注意マークが出るんですね。
「なんか怖いけど…本当に使って大丈夫?マーク出てるけど大丈夫?」とドキドキしながら使いました。
当然ですが、大丈夫でした。
 
膝下のように頑固なムダ毛には、今から本当に効いてくるのかもな~と思いました。
レベル1とか2とかでビクビクしていた自分が懐かしい…(*´з`)
 

6・7回目

その10日後ぐらいにレベル6。
そのまた10日後ぐらいにレベル7で。
 
お手入れをサボっても気にならないくらいの生え具合になってきました。
 
それにしても…照射しても、まだ刺激を感じないんだけど…(;^ω^)
よっぽど私が鈍いのか?
脚の皮膚が厚いのか?
よく冷やしているからか?(-ω-;)ウーン
 
そうそう、最近は寒くなってきたので、オーブンミトンをはめて保冷剤を持つようにしています。
たまに見る「やけどみたいになった」というレビューは、施術前後の冷やし方が足りなかったのかもしれませんね。
私は肌が弱くて、おまけに日光過敏症だけど、今のところ大丈夫なので。
 

ケノン体験記②

8回目以降

寒くなって、お手入れをサボりがち…。

2週間に1回くらいかな?というペースでケノンを使っています。

今やレベル10です。

膝下にしか使っていませんが、ふくらはぎの柔らかい部分はさすがに「パチッ」という刺激を感じることがあります。

個人差があるんだろうけど、静電気の「バチッ」の方がよっぽど痛いです。

 

暖かくなってきたら、腕の脱毛もするつもり。

いやあ、春夏が楽しみだなあ🎵

 

ケノンを使い始めたきっかけ

f:id:chokoratsuki:20201024092444j:plain

私は子どもの頃から毛深くて悩んでいました。
男の子からからかわれることもあって、本っ当~~~に、嫌でした。
このサイトにたどり着いた方なら、同じような経験をされたかもしれませんね。
 
中学生になると、脱色剤を使うようになります。
遠目には目立たないようになるけど、近くで見るとフサフサしているので「何かした?」とバレるんですよね。
「毛が金色~!」などと友だちから言われていました。
注意書きには「生理前後には使ったらダメ」と書いてあるのですが、うっかり使うと、猛烈に痒くなっていました。
 
高校生になると、周りの友だちは毛深い人もそうでない人も、カミソリで剃るのが普通でした。
私も剃るようになり、見た目にはきれいになりました。
 
ただ、水泳の授業になると、女子たちは震えながら身を寄せます。
鳥肌が立つと、剃りあとがチクチクするんですよね。
それで、みんな「痛っ!」とお互いに言いながら笑っていました。
 
その後も、ずっとこうやって剃り続けるのかなあと憂鬱でした。
 
脱毛ワックス脱毛テープも使ったことがありますが、生えてくるときにまた猛烈に痒くなるんですよね…。
 
豆乳ローションが流行ったときは、自分で作っていました。
これを塗ると、ムダ毛が生えてはくるけど、だんだん細くなっていくので効果は感じていたんです。
でも作るのが面倒になって、そのうち既製品を買うようになりましたが、それもあまり続きませんでした。
 
そして、結婚・出産を終え、オバチャンになった今では、あまり気にならなくなりました。
でも、突然倒れて救急車で運ばれたときのことを考えると、日ごろからお手入れしておかなくちゃと思います(えっ、そんな理由?と笑われるかもしれませんが、実際にそれで恥ずかしい思いをしたことがあるんですよ~^^;)。
 
とはいえ、永久脱毛とかサロン脱毛とか、お金がかかるし面倒だなと考えていました。
そんなとき、ある尊敬する方のお友だちの美容ブログでケノンを知りました。
 
いや、正確にはその前にケノンの存在を知っていたのだけど、「あー、またよくあるアレね」と何もわからないくせに軽く見ていました。
ところが、そのブログではケノンを絶賛しているのです。
その方は私より年上で、上品な雰囲気で、何より尊敬する方のお友だちだから信用できそう…と思いました。
 
よし、ケノン買おう(ง •̀_•́)ง‼
でも値が張るから、そのうち…。
そう考えていました。
 
 
ところで、私にはがいるのですが、彼女も生まれたときからどちらかというと毛深い方でした。
それでいじめられることはなかったものの、本人はずっと気にしていたらしく、大学生になってから自分のお金で脱毛サロンに突然行き始めました。
 
でも、何回も行かないといけないし…。
全身の施術で時間がかかるし…。
と、娘はボヤキ気味。
 
あるとき、「親の同意書が必要で、年収も知らせないといけない」と言われて、
(゚Д゚)ハァ? …でした。
通い始めるときも同意書にサインしたのですが、今度は年収まで聞くの??と。
 
どうやら、今までのは「お試し」だったようで、これから本格的に施術が始まるようでした。
年収って言われても計算しないとわからないし、第一あんまり人に言いたくないし…そもそもなんでそんなこと教えないといけないわけ?
不満な母。
娘も「お金かかるし、もう行くのやめようかな~」と言うので、ケノンの話をしました。
すると、「それほしい(☆ω☆)!サロン行くのやめる!」と娘。
 
たぶん、サロンに通っていたらかなりお金がかかっていたんだろうなと思います。
安さがウリのところでしたが…。
感じは悪くなかったんですけどね。
 
そんなわけで、ケノンをようやく手に入れたのでした。
 
 
 

超高性能脱毛器「ケノン」これは本物!