「ケノン」脱毛器って危険じゃない?

脱毛器「ケノン」を実際に使った私の正直なレビューです。

脱毛器ケノンを使えばサロン並みのケアが自宅でできる?

f:id:chokoratsuki:20201028122010j:plain

 
サロンに通うことなく脱毛ケアができるケノンは、魅力的ですよね。
ただ、本当に効果があるのか?安全なのか?など、気になる点があると思います。
私もはじめは心配でした。
そこで、ケノンの購入前に私が知りたかったことをまとめてみました!

ケノンってそもそも何?その特徴と正しい使い方

まずは、ケノンの基礎知識から。
どういうしくみでどんなことができるのかなど、その特徴と使い方について説明します。

ケノンはサロンレベルのケアができる家庭用脱毛器

ケノンは、業務用脱毛器と同じ「キセノンフラッシュ」という光を採用した家庭用脱毛器。
黒い色素(メラニン)に反応して脱毛します。
男性の髭や、太いムダ毛が生えやすい脛などにも効果が期待できます。
 
「全身に使える!」「VIOも!」と言われていますが、メーカーが推奨しているのは顔の「鼻から下」、「Vラインまでです。
IOラインの使用にはお勧めしません。
 
カートリッジは交換式。
照射レベルは1~10まで設定できます。
メーカー希望小売価格は9万8000円(税込)ですが、公式ショップからの購入だと送料込みで6万9800円(税込)です。
 

超高性能脱毛器「ケノン」これは本物!

 

ケノンで永久脱毛できるの?

結論から言うと、ケノンで永久脱毛はできません。
 
永久脱毛ができるのは、皮膚科医のいる病院やクリニックで受ける医療脱毛のみ。
医療機関以外で、高出力の医療レーザー脱毛機を使用した脱毛を行う行為は、法律で禁止されています。
「永久脱毛」の言葉を使うのも認められていません。
 
永久脱毛の定義は、AEA(米国電気脱毛協会)やFDA(米国食品医薬品局。日本の厚生労働省にあたる)によって「最終脱毛から1か月後の毛の再生率が20%以下である状態」とされています。
つまり、永久脱毛をしたからといって「その後全く生えなくなる」わけではありません

IPLって何?

ケノンにはIPL(インテルス・パルス・ライト)脱毛という方法が採用されています。
IPL脱毛は、主に脱毛サロンで使われている光脱毛の1種です。
メラニン色素(黒い部分)に反応する光を照射することで脱毛を促します。

何回使えば効果が見えてくる?

サロン脱毛に何度も通う必要があるように、ケノンでも繰り返し使う必要があります。
だいたい何回くらい使えば変化がわかるようになるのか、気になるところですよね。
その前に、ケノンは何日おきに使えばいいのかを説明します。

ケノンを使用する頻度

一度照射したら、次の照射までにどのくらい間隔を開ければ良いのでしょうか?
公式ユーザーサポートサイトには、「1週間に1回程度」とあります。
照射後、数日で一部の毛が伸びてくるので、そのタイミングで2回目の照射をすると効率良いですが、肌への負担を考えると最低1週間は空けるのが良いそうです。

効果が実感できるのはいつ?

 効果が感じられるまでに必要な照射の回数は、かなり個人差があります
ムダ毛の太さや質、色、毛周期などが異なるからです。
最低でも4~5回の照射が必要だと言われています。

初めてのケノン!最初の使い方

ケノンについてざっと理解できたところで、具体的な使い方についてみてみましょう。
注意点もいくつかありますが、だいたいの流れを頭に入れておくとスムーズに施術できます。

使い方の手順

①ムダ毛を約1mm程度の長さを残して剃る
②ムダ毛処理用カートリッジを装着する
③電源を入れる
④照射レベルを選択する
⑤脱毛したい部分を保冷材で10秒ほど冷やす
⑥脱毛したい部分に照射口を押し当てる
⑦ボタンを押して照射する
⑧脱毛した部分を再び保冷材で10秒ほど冷やす
⑨⑤~⑧を繰り返す
 

超高性能脱毛器「ケノン」これは本物!

最初は照射レベル1の強さで

ケノンの照射レベルには1~10までありますが、最初は肌トラブルを避けるためレベル1に設定しましょう。

毛の長さはどのくらいがいい?

施術の前に毛を剃るときには、約1mm程度の長さを残すようにします。
毛を抜いてしまうと黒い部分が残らないのでNG。
反対に、毛が長すぎると火傷の原因になるので危険です。

手入れ・掃除のしかた

ケノンのカートリッジは、皮脂汚れや処理した毛、埃などで汚れやすく、そのまま放っておくと脱毛効果にも影響してきます。
できれば、使用するたびに掃除するのが理想的です。
 
掃除のためには、無水アルコール、柔らかい布(あるいはティッシュ)、綿棒を用意します。
アルコールを含んだ除菌用のウェットティッシュでもOK です。
 
故障や感電防止のために、必ず電源を切ってから始めます。
カートリッジを取り外したら、無水アルコールを含ませた布またはティッシュ、綿棒で照射面を拭きましょう。
このとき、照射面の破損防止のため、力を入れずに優しく扱うことが大切です。
プラスチック部分も拭いたら、よく乾かしてから保管します。
 

ケノンの購入は公式サイトからがおすすめ

いざケノンを購入しようとしたとき、「どこで買うとお得か」「どこで買うのが安全か」と考えますよね。
これはもう、ケノン公式サイトをおすすめします。
 
私もそうしました。
だって、安いからといって怪しいサイトで買って失敗したら怖いし…、結局はお金も損してしまいますもんね。
 
ところが、「公式サイト」らしきものが複数あるし、ケノンを販売している会社は「エムロック」?「アローエイト」?どっち??と混乱してしまいました。
 
これまた結論から先に言うと、「エムロック」が大元の会社で、「アローエイト」はその子会社です。
それぞれの会社が別々に公式サイトや公式ショップを持っているので、「公式」だらけになってしまったんですね。
 
 「公式」ではいずれも6万9800円
付属品などの特典に多少違いがあるようです。
Amazon楽天でも購入できますが、正規店と非正規店、新品と中古品が混在しているので、間違って買わないように注意が必要です。
 
非正規店で購入したケノンはサポートの対象外ですし、正規店でカートリッジを追加購入することができません。
また、非正規店では偽物不良品を販売している恐れもあります。
中古品だと衛生面でも不安です。
カートリッジの追加購入や修理依頼もできません。
フリマアプリやネットオークションでは安く販売されているので魅力的に感じますが、アフターサービスの対象外なので手を出さない方が良いです。
 
…ということで、やはり公式サイトでの購入が安心で確実です。
 
👇公式サイトはこちら。

超高性能脱毛器「ケノン」これは本物!

ケノン体験記④

今回はまじめに続けています。

生理中は避けましたが、だいたい1週間おきに施術しています。

 

すると、当て方の癖なのか、毛質のせいなのか、ツルツル部分とまだ生えてくる部分とが出てきました。

 

そこで、まだ生えてくる部分にぎゅっと押し当ててじっくり光を当てると(今までは軽く当てて、サッと次に移っていた)

 

バチッ!!

 

うわっ!!

 

痛いというより、びっくりした💦

 

あれ?もしかして、これが正しい当て方…?

今までの当て方があっさりしすぎていたかも。

 

今頃になってコツを知るという…^^;

 

そろそろ生えてこなくなるかな🎵

 

 

ケノン

ケノン体験記③

正直に言います。

 

…ずっとお手入れをサボっていました!!

 

あまりお出かけもしないし。

脚を出すこともないし。

多少はムダ毛が生えてくるけど、まあ、いいでしょう。

 

こんな中途半端な状態で放置すると、やはり生えてくる数が増えたような気がします💦

 

でももう6月。

今から慌てて再開します。

 

とはいえ、相変わらずお手入れ(剃る)は楽です。

…とはいえ、今度はサボらずに続けます(;'∀')

 

ケノン

ケノンにカートリッジは必要?

通常の脱毛なら、ケノン購入時に標準装備されているスーパープレミアムカートリッジだけで十分です。

しかし、「剛毛を早くキレイにしたい」「美顔に使いたい」などの希望がある場合は、その目的に合ったカートリッジの追加購入をおすすめします。

カートリッジの種類の見分け方

ケノンのカートリッジには、次の6種類があります。

 

スーパープレミアム
:付属品。超長寿命 レベル1で最大300万発(全身脱毛約33年分)全身に使える

プレミアム
:2番目に長寿命 レベル1で最大100万発 全身に使える

ストロング
:超強力 男性のヒゲ・ワキ・VIOなどの剛毛部位

ラージ
:標準タイプ スペアに最適 全身に使える

エクストララージ
:背中やおなかなどの広範囲に使える

スキンケア
:美顔専用 シミ取り・肌質改善 脱毛ではない

 

スーパープレミアムはケノン本体に標準装備されています。寿命が長く、多くの場合は買い替えずに済みます。

プレミアムは、旧バージョンのケノンに標準装備されていたものです。

 

旦那さんや娘さんと共有するためにストロングラージを買ったり、美顔のためにスキンケアを買ったりする方が多いみたいですね。

全身しっかり脱毛する方は、エクストララージを買うと効率的。


ケノンのカートリッジは単品購入できない!?

 「スーパープレミアム」と「プレミアム」の2つは単品購入できません。

 

また、注意したいのは、中古のケノンはカートリッジの単品購入ができないという点です。

これ、ご存知でしたか?

カートリッジは、ケノン本体を正規店で購入した人しか買えない仕組みになっているのです。

正規店で購入したかどうかは、購入履歴を調べればわかります。

過去に購入したデータがないと、カートリッジを注文しても購入を断られてしまいます…。

だからやっぱり、公式で買うのが確実で安心なんですね。

  

ケノン


ケノンカートリッジ購入方法

 カートリッジを購入できる場所は、

 

公式サイト(アローエイト、エムロック、エムロック出店のネットモール)
楽天市場
Amazon
などです。

 

ケノン本体と同時購入すると安くなるので、まだ本体を手に入れていない方は検討してくださいね。

 

ここでまた注意点です。

カートリッジは、ケノン本体のバージョンに合わせるのが必須です。

合わないものは使えないので、購入の際には注意しましょう。

バージョンを確認するには、ケノン本体の電源を入れてみてください。

ディスプレイの右下に表示されます。

  

ケノン

 

 

 

ケノンは脱毛だけじゃない!美顔器の秘密

ケノンはカートリッジを換えれば、脱毛だけでなく美顔器としても使用できます。

その仕組みや使い方についてご説明しますね。

 

ケノン美顔器の仕組み

ケノンに採用されているのはIPL(インテンス・パルス・ライト)という特殊な光です。

美容外科では、光の波長数などによって脱毛や肌トラブルの治療(フォトフェイシャル)に使い分けられています。

フォトフェイシャルでは沈着した色素を排出するほか、コラーゲンの再生を促す効果も。

ただし、フォトフェイシャルは医療機関以外での使用を認められておらず、ケノンの美顔器では家庭用に出力を弱めています。

 

さらにケノンではIPLを進化させたUSPL(極短発光テクノロジーを独自に開発して採用。

効果はそのままに発光時間を短縮して肌への負担を減らしています。

 

なお、ケノンの美顔器のIPLは脱毛用とは波長が違うので、脱毛効果はありません

しみやニキビ跡以外、何に効果がある?

ケノンを美顔器として使用した場合に改善が期待できるのは、次のような肌トラブルです。

 

  • しみ
  • ニキビ跡
  • たるみ
  • 毛穴の開き
  • 小鼻の黒ずみ
  • ほうれい線
  • 脇などの色素沈着

 

【注意点】

※ほくろやニキビに光を当てるのは絶対にやめましょう。ほくろはやけどになり、ニキビは悪化する恐れがあります。
※目元への使用もNGです。
※イボは、黒っぽいものは注意してください。ほくろと同様、やけどの危険があります。

ケノン美顔器の使い方

使い方の流れは次の通りです。

  1. メイクを落とす。化粧水なども何もつけていない状態にする。
  2. 電源コードを接続
  3. スキンケアカートリッジをつける
  4. 電源を入れる
  5. 照射レベルを設定
  6. 照射部位を保冷剤で10秒以上冷やす
  7. 付属のサングラスをかけて照射口を肌に密着させて照射(レベル1から)
  8. 連射されるので、光が止まるまでボタンを押し続ける
  9. 保冷剤で照射した部位を冷やす
  10. 保湿する


こんなときどうする?

Q. 眉間など狭い部位にはどう使えばいい?
A. 鼻や眉間への当て方は、ハンドピースを縦にすればOK。

 

Q. 目の下に使ってもいい?
A. 目の周りは危険です。絶対にやめましょう。

 

Q. どのくらいの頻度で使えばいい?
A. 週1回が推奨されています。それ以上頻繁にすると肌への負担が大きくなります。

 

Q. 脱毛と同時に使っていい?
A. 肌がダメージを受ける恐れがあるのでNGです。1週間は間を空けましょう。

 

ケノン

 

ケノンでVIO脱毛できる?

 

ケノンの公式ユーザーサポートサイトには、こう書いてあります。

 

Q.ケノンはVIOに使えますか?

A.ご利用頂けます。粘膜部位へのご利用は控えて下さい。

また色素が沈着した部位に使用する場合は、お肌のトラブルが発生しやすい為、しっかりと冷却した上で、お肌の状態を確認しながらレベル1から少しずつレベルを上げて下さい。

 

引用:ケノン公式ユーザーサポートサイト

 

つまり…はっきりと言ってはいないものの、メーカーとしては

VはOKだけど、IとOはおすすめしない

ということですね。

 

しかし、SNSなどを見ると、実際にケノンでVIO脱毛している方は多いようです。

IOを保護するために、ティッシュを挟んだりテープやシールを貼ったり工夫しながら。

 

IやOは、何かあっても自己責任です。

器用な方向けかな…。

 

ちなみに私はVIO脱毛にはあまり興味がないのでしていません。

失敗して病院に行くことになってしまったら恥ずかしいし^^;

 

水着を着る機会があれば、Vのお手入れぐらいはしようかな。

ケノンが手元にあれば、気軽に始められるのがいいですね。

 

ケノン

安全で効果的なケノンの使い方

ケノンの基本的な使い方

使い方の流れは次の通り。

①ムダ毛を剃る
②電源プラグをコンセントに差し込む
③ムダ毛処理用の白いカートリッジを付ける
④電源をオンにする
⑤照射レベルを選ぶ
⑥保冷剤で冷やす
⑦照射口を肌に水平に当てる
⑧照射ボタンを押す
⑨保冷剤で冷やす

 

注意点
※①ムダ毛は長すぎても、抜いてもダメ。
※⑤照射レベルは必ず低いレベルから始めて、徐々に高くしていく。
※⑥⑨重要!使用直前と直後は必ず保冷剤で10秒ずつ冷やす。
※⑦目の周りやまぶたへの照射は絶対にダメ!


ケノンを使う頻度は?

公式ユーザーサポートサイトでは「約1週間」、ケノンの説明書には「約2週間」とあります。
どっちよ!?と迷うところですが…。

公式サイトには、「同じ場所に照射する場合、1週間は期間をあける」とあります。
つまり、「1~2週間の頻度が適切」というところでしょうか。

なお、毎日使えば効果が上がるというわけではありません


そして、最低4~5回は繰り返す必要があります。
個人差にもよるし、体の部位によっても必要な回数は違ってきます。
4~5回で終わらないときには、肌の様子を見ながら続けましょう。


ケノンを初めて使用するときには

ケノンを使用する前に、肌に異常がないことを確認します。
傷やにきび、湿疹などがある部分には照射できません。

はじめてケノンを使用するときには、照射前・照射後に20秒以上冷却します。

※私は最初、膝下の外側、足首に近い部分にしました。
万が一ダメージを受けても耐えられそうな部位から始めることをおすすめします。
(内ももなどは敏感だから、失敗すると大変なことになりそうなので)

また、いきなり高いレベルから始める方もいるようですが、焦らず低いレベルから徐々に上げていくのがおすすめです。

  • 照射前・照射後にしっかり冷却
  • 低いレベルから始める

この2点は必ず守りましょう。
後で泣きを見ないように…。


ほくろには気をつけて!

ケノンの光はメラニン(濃い色素)に反応するため、ほくろやしみ、肝斑、タトゥーに照射すると火傷の恐れがあります
その部分は避けるか、シール(白っぽい色)などで隠してください。

 

照射後は肌をいたわって!
ケノンで照射した後は肌が敏感になっています。
肌に優しいローションなどで保湿しましょう。
また、照射後24時間は日光に当てないように気をつけてください。
照射後の入浴もNGです。

 

照射後の保湿に、抑毛効果のあるローションを使うのもいいですね。

 

肌にやさしい!ムダ毛処理後の肌を整える!パイナップル豆乳ローションプレミアム


効率的に脱毛する!ケノンを上手に使うコツ

一番効果があるのは…「定期的に使い続ける」!
これに尽きると思います。


ムダ毛を剃るタイミングは?

ケノンを照射する際に必要なムダ毛の長さは1~2mm程度なので、毛質などにもよりますが、前日~2、3日前ぐらいに剃ります。

ムダ毛は長すぎると火傷の原因になるので注意してくださいね!
短すぎても感知しない…と言われていますが、黒い点があればいいので、抜いてしまわなければ大丈夫です。
とはいえ、もともとムダ毛の濃くない方は、短すぎない1~2mmにしておく方が確実ですね。

  

ケノン